結婚指輪のサイズについて

結婚指輪のサイズをどうするかは意外に悩むところのようです。

大きめに作るとすぐに抜けてしまいますし、きつめに作ると指輪が抜けなくなったり、また違和感を感じ、指輪をつけたくなくなってしまうかもしれません。

ではどうしたらよいでしょうか?まず、指のサイズは変わりやすいということを覚えておきましょう。

例えば、朝と夕方では夕方のほうが指がむくんでいることが多く、太くなりますし、また妊娠中は時間帯に関係なくむくみやすいです。

また冬より夏はむくみやすいようです。

それでこのように、季節によってまた時間帯によって指の太さは変わってくるということをまず覚えておきましょう。

次に、自分がすでに持っている指輪のなかで、一年中どの時期でも大丈夫で、一日中つけても大丈夫なリングを選び、そのサイズを測りましょう。

そのリングと同じサイズのものを作れば安心です。

もう一つ、指のサイズの測り方として、自分の指のサイズを測るという方法があります。

指の一番太い部分、第二関節あたりに糸を巻いて交わったところに印をつけるという方法です。

以上の方法で、指の太さを知り、自分に合ったサイズの結婚指輪を作るようにしましょう。

中には、今後太るかもしれないので、大きめにつくるという方もおられるようですが、ブカブカで抜けそうなものはなくす危険があります。

ですから、今の時点でぴったりのサイズを選ぶようにお勧めします。

今後、指の大きさが変わることが心配なら、その時にサイズ変更できるようなデザインのものを選んでおくようにしましょう。

●参考ページ⇒(URL:http://matome.naver.jp/odai/2142265174771668001